【読書】これだけは知っておきたい双極性障害

久しぶりにブログを更新します。
学びを結果に変えるアウトプット大全」(樺沢紫苑著)を読んでアウトプットすることに触発されまして。
またぼちぼち書いていこうと思っています。思うだけならタダ。いつまで続くかわかりませんが。←

さて、わたしは双極性障害(いわゆる「躁うつ病」のこと。今年から「双極症」に名称が変わるらしい?)の当事者(患者)なのであります。
ここ2年くらいは良い処方と巡り会えて、症状は落ち着きつつありますが、それでも治療が必要なことには変わりなく。

軽躁とうつ症状にもがき苦しんだ20代〜30代前半、様々な書籍を読んだり当事者会に入会したり(それは今も続いています)して、やっと病気と向き合えるようになったのは前述した症状が落ち着いて以降。

今日は、今月(2018年9月20日)出版された、新しい双極性障害についての本を読んでの感想と気づきを書きます。

これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ! 」(監修・加藤忠史)

加藤忠史先生は、理化学研究所で研究をされている、日本における双極性障害の第一人者のおひとり。
理研のページ:https://cbs.riken.jp/jp/faculty/t.kato/
「躁うつ病(双極性障害)のホームページ」http://square.umin.ac.jp/tadafumi/

そんな加藤先生が監修された本と聞いて買わずにいられなかったわけです。
では、早速読んでみての感想とかを書いていきますよ。

この本の特徴

  • 医学的・科学的根拠に基づいた記述に信頼感が持てる。
    章ごとに設けられたQ&Aが当事者・家族目線でとても親切。
  • 左ページにイラスト・図解、右ページに解説となっていて少ししんどいときでも読みやすそう。
  • キャラクターのネコ先生がゆるかわいい。

本を読んで気づいたこと・感じたこと

  • 今自分は、数年スパンの寛解期(症状がない状態)にあると思うが、また躁転・うつ転してしまうことも考えられるので注意が必要
  • 「高め安定」(やや軽躁寄り)と自覚しているが、寛解期と言っていいのか…たぶんOK
  • 「双極症は克服できる」=躁やうつの症状とうまくつきあって、寛解状態を保てばOK!←目からウロコ
  • 自分の父親が双極性障害I型(躁の程度がひどい)と推察していて、ずっと遺伝なのだと思い、自分のこどもにも遺伝してしまうのではないかとおびえていたが、遺伝病ではないと明言されていて、救われた!
  • 双極性障害の診療は「精神科」、「心療内科」ではない。
    やはりそうだよな。コンビニ受診している現状に反省。まずはちゃんと血液検査受けるようにします…。←他の本(「「はたらく」を支える! 職場×双極性障害」)では、血液検査設備がない医療機関で双極性障害の診療をすることは医療的倫理に反する、とまで書かれていたはず
  • 治療は薬物療法と心理・社会的治療の両輪で相乗効果
    心理・社会的治療とは、対人関係療法、社会リズム療法など。
    社会リズム療法の本なども持っているけど実践には至っていなかったな…と反省。
  • 患者の心構え8か条←カバー見返しと本文中に書かれていて、非常に勇気づけられた
    これのひとつ、「完璧を目指さない」はまさにわたしのことだー!と思いました。。
    最近、他の当事者の方とお話する機会に恵まれているのですが、そこでも7,8割程度で頑張りすぎないのが良いよね、とよく言い合います
  • 「目標は病気をコントロールし、以前と変わらない社会生活を送ること」
    わたしの場合大昔から抑うつ傾向があったので、「以前と変わらない」というのがぴんとこないのだけれど、精神的安定を目指せばいいのかな、と解釈しました。
  • 「ライフチャート」(人生の中での気分の浮き沈みをグラフ化したもの。下図参照)2014年に書いて以来更新していなかったので、また更新する。

ちなみに昔書いたライフチャートはこんなんです。やはり20代〜30代前半の波がすごい。

読んで、実践したいこと

  1. ライフチャートを更新する。
  2. 社会リズム療法の「ソーシャルリズムメトリック」をはじめる。
  3. 定期的に血液検査を受けられるようにする…。まずは今の病院で相談してみることにする。勇気を出して。

まとめ

ぜひ当事者だけではなくその家族にも読んでもらいたい一冊でした。
うちの場合は家族に読ませるかというと…読んでもらえないので無駄なのですが(おいこら)

初歩的な病気についての知識から、薬のこと、脳と心の違い、巻末の様々な支援の案内まで、
本当に必要なことがわかりやすく網羅されていると思います。

機会があったら読書会とかしてみてもいいかもしれないな…とふと思いました(というようなことを考えるのは軽躁かもしれない)

以上です。かおらべでした。

ご意見ご感想をどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください