情熱のありどころ

ごぶさたしています。

なんとかぎりぎり、6月無投稿は防げたようです。

5月から長引く6月病に罹患して、うつうつとした日々を送っております。
関係する皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ない思いです。

それでもまた、この場にはなにかしらか書き残しておきたいと(いや別にどこかに行くわけじゃないんですけど…)思い、戻ってきました。

わたしがいま疑問に思っていることは、

「世の中の人たち、みんな何に情熱を傾けて生きているんだろう?」

ということです。

かつてわたしは、自己啓発が好きで、
アンソニー・ロビンズ氏の「Live with Passion」という言葉が大好きでした。

よくわからないけれど、根拠のない自信とやる気に満ち溢れていた大学時代。

10年経って、今はもうない。情熱を傾ける対象が。

こどもたちや夫は、と言われるとそれは何か違う気がして。

僕が僕であるために何か持っていたい、と思うのです。

明日から7月。

また探し始めたいと思います。

わたしが楽しめることはなんだろう?

ご意見ご感想をどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください