日本三体!阪神間の厄払いで有名な門戸厄神で厄落し

初夏に差し掛かったある日夫が突然言いました。「今年前厄じゃない?」えっ?!
ちょっと待って…もう1年も3分の1終わったんですけれど。

それでも厄払いしないよりはマシ!と思い、関西随一の厄払いのメッカ「門戸厄神(もんどやくじん)」で特別祈祷を受けてきました。

それで調べて改めて知らなかったこともたくさんあったので、合わせてまとめます。

厄年っていつ?

厄年は数え年(年初に満年齢に2歳プラスし、誕生日を迎えたら1歳プラス)で見ます。
さらに、男性と女性の厄年は異なります。

本厄は、男性25歳、42歳、61歳、女性19歳、33歳、37歳とされています。

門戸厄神のホームページでは厄年判定プログラムがついているので、ぜひこちらを使ってみてください。

厄払いを受けるのはいつがいい?

基本的には、厄年にあたる年の年始から立春(節分)までといわれています。

門戸厄神の人
5月のお参りは厄年だと遅めですから、(本厄の)来年はもっと早めに来てくださいね
かおらべ
はい…すみません…。

門戸厄神とは

厄除・開運の厄神明王様が祀られているそうです。なんと日本三大厄神のひとつとのこと!

日本三大厄神は門戸厄神のほか、石清水八幡宮(京都府八幡市) 、天野明神(和歌山県伊都郡かつらぎ町)の3体。くしくも関西に集中していますね。

30代前半の大厄の3年間、年始はこの門戸厄神に通いつめたわたくしですが、長年疑問に思っていることがありました。

門戸厄神(東光寺)…寺なの神社なの?

結論から言うと、「東光寺」というお寺になります。

ただし「神仏習合」という考え方によっており、境内も寺と神社が合体したような作りになっています。厄払い祈祷も行いますし、お札やお守りの頒布もします。

詣で方は?2礼2拍手1礼は?

境内の「稲荷社」は神様を祀っているので2礼2拍手1礼、
その他の社はお寺になるので、「合掌」で詣でます。

かおらべ
これ本当にずっと疑問だった…!

門戸厄神へのアクセス

阪急宝塚線「門戸厄神」駅徒歩10分です。

「門戸厄神」駅へは阪急神戸線「西宮北口」駅から一駅と、大阪・神戸方面からのアクセスも抜群です。

駅から参道沿いはずっと看板が出ているので、迷うことはまずありません。
※帰りはちょっと迷うかも…。

門戸厄神での特別祈祷

個人は祈祷料一万円から。申込書に住所・郵便番号・氏名・奉納額・生年月日・数え年を書いて渡すと番号札をもらえます。

特別祈祷の流れ

下駄箱で靴を脱いで控え室で待ちます。

閑散期は1階の小さな控え室ですが繁忙期は地下の巨大な控え室で呼ばれるまで待ちます。

閑散期は定時にご祈祷を行うようで、ちょうど10時過ぎに行ったら約1時間待ち…(でこの記事の下書きをしています)

定刻になると順番に呼ばれ、番号札を渡し、本堂に入ります。

祈祷の際は申込書に書かれた情報が読み上げられるので

かおらべ
個人情報だだもれやん…

などと思っておりました。まあこれはどこの神社でご祈祷を受ける時も同じですけれど。

 

いただけるもの

木のお札、小さなお守り、おさがりのあずきクッキーを頂けます。

木札はリビングか寝室に、東か南を向くように置き、毎日真言「南無厄神明王」を7回唱えます。

小さなお守りはお財布に入れている人が断然多いそうですが…

門戸厄神の人
最近は携帯電話のケースに入れている人もいるようです
かおらべ
時代を感じますね〜

まとめ

かおらべ
今年は大厄じゃなかったけど開運効果があるといいな!

1月〜2月は大変混雑しますので、がんばってお参りくださいね。
その代わり屋台もたくさん出て楽しいですよ。厄除けまんじゅうオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です