ゆるくはたらけてない現実からの脱却

おはようございます。かおらべです。

春分の日の祝日が響いて、今週は怒涛の忙しさです…。
時計をする腕もむくんでしまいます。。

愛用の腕時計。年末に3万円で購入しました。

「3万円もしたの~!」と長男にはことあるごとに言われておりますが。。

最近の帰宅時間

おとといは21時退勤、昨日は21時半退勤でした。。
ワーキングマザーとしてはかなりハードなワークのように思います。
#ここでワーキングファザーだったらそうは思われないんだろうな~と思ってしまうのは偏見入っているかもしれませんね。

それでもいい職場だから

出来る限り続けていきたいです。
(深くは言及しませんが)ロールモデルにも出会えたし。
すごくよくしてもらっているので、貢献したい。

家庭を犠牲にしている?

そう思いながらも、帰りが22時過ぎると、少なからず家族は心配するし
新小2長男の宿題も見てあげられない。
今の職場になってから彼は自分で宿題・準備をするようになりました…なんだか切ない。

昨日は帰ってすぐ年長次男がぎゅっと抱きついて、「ママ!おそかったね」と言ってくれました。

老齢の母には長時間のワンオペ、負担をかけていると感じているし、

契約更新したけどこれで良かったのか…と迷走してしまいます。

 

ゆるい働き方を模索したい

かおらべのプロフィール

プロフィールページにも書いているように、

「ゆるく楽しく働き続けている背中をこどもたちに見せ続けていたい」

というのがこのブログを書く信念です。(ワークライフバランス以外のねたが多いですが、、)

ゆるくはたらく、とは?

会社員としてはたらく上では、「量産型ワーキングマザーになる」ことかもしれない、と
こべにさんの2014年の記事を読んで改めて感じています。

量産型になるための今の仕事の難点

  1. 完全締め切り厳守なチームワークなので適当に切り上げられない
  2. 最寄り駅からが車通勤なので自主的に帰れない
    →車通勤をしたい!と訴えたのですがそもそもわたしには免許がないのでまずはそこからという…。そして車を所持することには夫は反対。

とはいえできないことをあげつらっても仕方ない

春分の日、2017年の抱負書いてみませんか

今年の抱負にも書いたとおり、「ライフワーク」への緩やかなシフトを考えたい。

今の仕事(貿易事務)ははじめたばかりで、やる気にみなぎっているけれども、一生続けていける仕事とは思っていなくて。

一生続けていける仕事、ミッションでお金を得てみたいとまだこの期に及んで思っている次第です。

このブログを通じて考えながら、一歩踏み出していきたい。
朝活や土日の時間を使いながら。

おわりに一言

形はどうあれ「はたらきづつけることがキャリア」と思っていますので!
まずは今いる場所(貿易事務)で咲きつづけることを、すこしがんばっていきます。

以上、「ゆるくはたらけてない」
かおらべがお送りしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です