長男、「よかったことを話そう」と提案

おはようございます。かおらべです。

長男がある日曜日、突然言い出したことがありました。

「日曜日の夜はみんなでよかったことを話そう」

そう言って、こんな貼り紙までつくりました。

なんでそんなことを言い始めたのか

どうやら学校で、その日の終わりに誰かのいいところをみんなで言う会があるらしいのです。
そこから来たのかな?と推測。

いずれにせよ、この提案がとてもとてもうれしかったです!

実際みんなでやってみた

最初は単純に「今日は○○できてうれしかったです」(拍手)で終わっていました。

何週間かやってみて、ただ「その日のよかったこと」を言うだけではなく

長男「悩んでること、困ってることも言ってもいいよ!」

という新しい提案もしてくれて。

どんどん彼の目がキラキラしていくのをみて、わたしもうれしくなりました。

発展させたら陽転思考になるかしら

陽転思考は、悪いことをなかったことにするポジティブシンキングと混同されがちですが
悪かったことにも理由をつけて「良かった!」とする考え方のこと。と理解しています。

陽転思考に、「プライジング」=「価格をつける」のが天国貯金。

わたしは下記の書籍を読んで、実践してる(つもりな)のですが、
天国貯金をはじめてから生活が楽しくなったのでいろんな方々に布教しています。

影響を受けている書籍

※和田裕美さんのファンなのです…。

top

こどもたちといっしょに

一見「あーやな出来事!」と思ってしまうことも陽転思考できるように誘導していきたいとひそかに思っております。
そしたら、毎日たのしく行けると信じているから。

以上、「長男、「よかったことを話そう」と提案」
かおらべがお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です